送料・手数料でマイナス!抱き枕カバー宅配買取の追加出費に要注意!

本記事では、抱き枕カバーの宅配買取における送料や各種手数料についてまとめていきます。買取業者選びにおいては、以下のような追加でかかる費用を検討する必要があります。

  • 梱包材の代金
  • 荷物送付での送料
  • キャンセル時の返送料
  • 銀行振込手数料

こういった代金が全てユーザー負担となってしまうと、いくら高額査定をしてもらったことで、最終的に手元に残る利益は少なくなってしまいます。

かいとりちゃん

一部の優良な業者では、これらの費用をすべて負担してくれるので、そういった業者を選ぶことが大事になります!

業者選びでは送料・手数料の有無も大事!

本サイトでは、抱き枕カバーを売りに出す方法として、専門業者による宅配買取をおすすめしています。

宅配買取とは、自分で抱き枕カバーを箱詰めし、それを業者宛に送付して査定してもらう方法です。その査定額に了承すれば、業者側で指定の口座に入金をしてもらえます。

この宅配買取ならば、良い業者を選べば、申込みから入金までを1週間程度で終わらせることができます。また、オタクグッズを専門に扱っている業者に頼めば、ニッチな商品である抱き枕カバーであっても、高額で売れる可能性もあります。

宅配買取をするにあたって何よりも大事なことは、どの業者を選ぶかということです。どの業者を選ぶか最終的な手元に残る利益に大きな差が生まれます。

かいとりちゃん

本記事では、業者選びにおいて重要な要素となる、宅配買取における各種手数料についてまとめていきます。追加費用が少なくてすむ業者が良い業者といえます!

抱き枕カバーに強い業者を選ぶのはもちろんだが…

「抱き枕カバーを売る業者を選ぶにあたって何を基準にしますか?」

このように問われたら、多くの人が以下のように答えるのではないでしょうか。

「少しでも高額査定をしてくれる業者を選ぶ」
「手続きがスピーディな業者を選ぶ」
「ネットで評判の業者を選ぶ」

もちろん、こういった答えは間違いではありません。こういった基準で業者選びをすることで、手持ちの抱き枕カバーを素早く納得のいく金額で現金化することが出来るでしょう。

しかし、これら以外にも業者選びにおいては、注目するべきポイントがあります。

それは、送料などの各種手数料です。こういった追加でかかる費用を考えることなしに業者選びをしてしまうと、最終的に大きな損失につながる可能性もあります。

かいとりちゃん

なので、「これから抱き枕カバーの業者選びをするぞ」という方は、送料・手数料などにもしっかり注目するようにしましょう♪

優良な抱き枕カバー買取業者の選び方|避けるべき業者の特徴5選!

2019年3月31日

送料・手数料はバカにしてはいけない

「送料なんてたかが知れているのでは?」
「別に手数料なんてどんな業者でも同じなのでは?」
「それよりどれだけ高額査定してくれるかが大事なのでは?」

このように思われるかもしれません。しかし、この考え方は間違いです。いくら高額査定を受けられたとしても、そこから送料や手数料をマイナスされると、手元に残るお金は大きく減ってしまいます。

たとえば、とある抱き枕カバーが3,000円で買い取ってもらえたとしましょう。多くの抱き枕カバーの定価は10,000円ぐらいなので、定価の30%程度で売れたことになります。相場からみても、この価格はかなりの高額査定ということになります。

しかし、一部の業者では、この価格から以下のものがマイナスされます。

  • 梱包材など:1,150円
  • 送料:700円
  • 振り込み手数料:400円
  • 合計:2,250円

これだけの金額が3,000円から引かれることになります。そうすると、手元に残るのは750円です。

かいとりちゃん

送料や手数料を考慮しないと、3,000円になると思っていたものが750円になってしまう可能性もあるということです。

それだけ、業者選びにおいては、これらの追加の費用を考慮することが大事であるということですね!

店舗数の多い大手が良いわけではない

業者選びにおいて多くの人は、規模が大きく知名度の高い業者を選びがちです。大都市の繁華街に出店しており広告などもバンバン出しているような企業ですね。

代表的なところとしては、以下のようなお店です。

  • まんだらけ
  • らしんばん
  • ソフマップ
  • ジャングル

たしかに、これらのお店は実績もあり信頼できます。しかし、必ずしもおすすめできるかというとそうではありません。

これらのお店は、多くの場合において、送料や各種手数料などが高めに設定されているからです。さばかなければいけない顧客数が多いために、ひとりひとりのユーザーへのサービスの質があまり高くない場合があります。

一方、そういったお店よりは規模が小さくはなりますが、ネット専門でやっている業者などは、より送料や手数料が低かったりします。

かいとりちゃん

上記のような有名店に対抗するために、ネット専門のお店はこういった部分での顧客サービスを充実させているということですね。お得に抱き枕カバーを売れるのは、こういった業者だったりします♪

抱き枕カバーの買取で発生する5つの追加費用とは?

ここまでまとめてきたように、抱き枕カバーの買取業者を選ぶにあたっては、一連の手続きでかかる追加の費用も考慮しなければいけません。

これらの費用の計算を無視してしまうと、場合によっては赤字となってしまう場合もあるので注意しましょう。

以下に、事前にチェックするべき手数料の関する項目をまとめていきます。これから業者選びをする方は、こういった追加の費用もきちんと確認するようにしましょう。そうすることで、最終的な利益の最大化を狙うことができます。

かいとりちゃん

ちなみに、本サイトでおすすめしている業者では、こういった追加の費用が無料(業者側の負担)のところを選んでいるので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

ダンボールなどの梱包材

宅配買取においては、売りに出すアイテムを自分で箱詰めする必要があります。このときには、以下のような梱包グッズが必要となります。

  • ダンボール
  • プチプチやエアパッキンなどの緩衝材
  • ガムテープ

これらが自宅にない場合には、自分で用意しなければいけません。それぞれをAmazonで購入しようとすると、以下のような価格になります。

  • ダンボール:150円程度
  • 緩衝材:800円程度
  • ガムテープ:200円程度
  • 合計:1,150円程度

これぐらいの出費が必要になってしまいます。抱き枕カバーは、せいぜい数千円での買取となるので、この費用はかなりの痛手ですよね。

なので、こういった梱包材を無料で提供してくれる業者を選ぶようにしましょう。

かいとりちゃん

ネットでの宅配買取に特化した業者では、事前に申請することで、こういった梱包材をタダで送付してくれるところがあります。そのような業者が狙い目になります!

査定に出すときの送料

宅配買取をするにあたっては、宅配便を用いて業者宛に荷物を送付する必要があります。このときの送料にも気を配るようにしましょう。

抱き枕カバーは、そこまで重い荷物ではありません。しかし、それでも業者の倉庫から離れた場所からの送付となると、送料は500円から1,000円ほどかかってしまいます。

言ってしまえば、こういった費用も買取価格からはマイナスとしなければいけないものです。売りに出すアイテム数が少なく買取金額もそこまで高くならないような場合は、なかなかの負担となりますよね。

査定金額が1,000円以下となってしまう場合には、送料分を引くと赤字となってしまう可能性もあるわけです。

なので、宅配買取をしてくれる業者を選ぶにあたっては、送料を業者側で負担してくれるところを選ぶようにしましょう。一部の業者では、業者側で指定した宅配便を利用することで、送料着払いで荷物を送付することが出来ます。

かいとりちゃん

「たかが数百円だろ」とバカにせずに、送料が安い業者選びをするのがお得な宅配買取のポイントとなります。

キャンセル時にかかる返送料

いざ荷物を送ると、業者側で査定をしてもらうことになります。その後、提示された査定額に了承すれば、買取が成立することになります。しかし、問題は業者側の査定金額に納得がいかなかった場合です。

「こんな金額なら売りたくないなぁ」
「これだけ安いなら他の業者に頼みたい」

このように思う場合もあるでしょう。そういった時は、査定金額を了承せずにアイテムを返送してもらうことになります。当然ながら、この返送にも送料はかかります。

このキャンセル時の返送にかかる送料についても事前にチェックしておく必要があります。

注意しなければいけないのは、ユーザーから業者に送付するときの送料は業者負担なのに、キャンセル時の返送にかかる送料はユーザー負担である業者です。

かいとりちゃん

あなたが必ずしも業者の査定額に納得するとは限りません。なので、この返送時の送料に関しても、業者側で負担してくれるところ選ぶことをおすすめします!

入金時の振込手数料

業者側が出した査定金額に了承すると、指定した口座へ買取金額が振り込まれます。この時に注意しなければいけないことは、入金するにあたっての振込手数料です。

振込手数料は、せいぜい400円程度です。しかし、この金額もバカにはできません。

一部の買取業者では、この振込手数料も業者側で負担してくれます。少しでも手元に残る利益を増やすにあたっては、こういった振込手数料がかからない業者を選ぶべきです。

かいとりちゃん

業者選びにあたっては、事前にこの振込手数料についても確認しておくことをおすすめします!

店頭買取での交通費

「店頭買取ならもろもろの手数料もかからないのでは」

このように思われる方もいるかもしれません。そういった理由で宅配買取ではなく店頭買取を希望する方もいるでしょう。しかし、忘れてはいけないのが、自宅からその店先までの交通費です。

  • 電車やバスなどの交通費
  • 車で移動するときのガソリン代

こういったこともきちんと考慮する必要があります。

かいとりちゃん

徒歩圏内に買取をしてくれるお店がある場合には良いですが、そういう方は少数でしょう。交通費を考慮すると、個人的には宅配買取のほうがお得なのかなぁと思っています…

まとめ:余計な出費を少なくして手取りの金額UPを

抱き枕カバーの買取における業者選びにおいては、送料や手数料などの追加の出費についても考慮することが必要です。

いくら高額な買取金額を提示してもらえたとしても、これらの出費分だけマイナスとなってしまうと、最終的に手元に残る利益は微々たるものとなってしまいます。

なので、業者選びにおいては、余計な出費をしなくて済むような業者を選ぶようにしましょう。

  • 梱包材の提供
  • 送料の業者負担
  • キャンセル時の返送料無料
  • 振込手数料の業者負担

こういった業者を選び出すことが、抱き枕カバーの宅配買取においては大事になります。

かいとりちゃん

小さな出費を回避していくことで、最終的に手元に残るお金には結構な差がうまれることになります。業者選びでは、この点をしっかりチェックしましょう!

おすすめの抱き枕カバー買取業者をチェック!

実際に業者サービスを利用した体験談をもとに、おすすめの抱き枕カバーの買取業者のベスト3をランキング形式で紹介しています。 抱き枕カバーの処分方法にお悩みの方は、ぜひ参考にして下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です